仲介業者の仕組みがもめる原因になる

おすすめの家庭教師業者をお探しの方へ

スポンサードリンク

お金の問題のトラブルは事業の仕組みにある

家庭教師の契約で
トラブルになったらどうしますか?

 

 

物事には、多かれ少なかれ
トラブルが起きることはあるものです。
塾や家庭教師を体験するうえで、
お金にまつわるトラブルは絶えません。

 

ここでは、家庭教師の契約で起こりがちなトラブルについて

説明します。未然に防ぐには対策が必要です。

疑心暗鬼になる業者

ほとんどの場合は、

商売上の仕組みに問題があるわけです。
家庭教師業者の場合、
契約問題が一番のトラブルになります。

 

 

背景としては、
家庭と講師が直接契約したのではないかと、
疑心暗鬼かかるということが問題にあるわけです。

 

 

また費用対効果のバランスが取れていれば、
問題にならないのですが、
金額に見合わず、成績が全く伸びない

 

 

家庭教師業者へ支払う代金に
結果が見合わない場合に
問題が発生する事がよくあります。

 

家庭教師の仲介業者が抱える問題点

家庭教師仲介業者と契約者のトラブルは、
講師にとっても、
対岸の火事とは言えない話です。

 

 

まず家庭教師の仲介業者と講師は、
当然、最初に契約書を交わします。

 

 

例えば、家族の不幸や就職など
やむを得ない事情で
辞めなければならないような事態が
起きる可能性がありますので

 

 

その為に、免責項目も
盛り込まれます。

 

 

その条項を適用させたいと、
講師が契約終了を申し出た時に限って
保護者からも辞めたいという申し出
重なる事があるのです!

 

 

そうなると、家庭教師仲介業者としては
講師と契約者で直接契約を交わしたのではと
大抵、疑ってかかります。

 

しかもその後、
大きな論争に発展する事も多々見受けられるのです。

 

ひどい場合は脅しを使う業者もあるから注意

 

中には脅しに訴えるような
悪質ともいうべき仲介業者もあります。
ただし、嫌がらせのような脅迫行為は、
訴訟を起こすことができます。
しっかり記録をとっておくことが必要です。

 

 

違約金に関しても、
本当に支払う義務があるのか、
確認の上で対処していくことが大切です。

 

 

中には支払う義務など存在しないものも
実際にあるからです。
このようなトラブルは
よくある問題としてよく耳にします。

 

 

そして仲介業者が抱えている問題
起因となったトラブルが、
ほとんどだと言われています。

 

 

もし、「訴えるぞ」と言われたらどうしますか?

 

 

 

トラブルが起きた時に、
まず考えなければいけないのは、
冷静な対処です。

 

 

よく、お金のトラブルなどで出てくることに、
訴えるぞということがありますが、
これも脅迫でしかありません。

 

訴えてやるという言葉は脅迫

自己に問題点があるとするならば、

対応も考えていかなければいけません。

 

 

ただ、何もないということが
分かっているのであれば、
毅然とした態度で跳ね返すことも必要なのです。

 

 

よく買い言葉で出てくるような、
出るところに出てやるぞ!
などという言葉も、
相手が縮み上がったりするものです。

 

 

実際にこういったケースで裁判になることは、
極めてまれです。

 

 

裁判と言っても、
無料でできるわけではありませんし、
時間もかなり掛かります。

 

 

費用をかけてでも
回収できるような案件であれば別ですが、
怒りに任せて言っている程度では、
裁判を起こすメリットは存在しません。

 

違約金などというもは払う必要があるか

このような状態になってしまうと、
相手も振り上げた拳を収めることができず、
長く続いてしまうことがあります。

 

 

そういった場合には、
冷静に記録をとることが一番です。

 

 

写真や録音なども重要ですし、
メモもしっかりと取ることが大切です。
その際には、日付と場所もしっかりと入れましょう。

 

 

もしも、執拗な取り立てまがいの行為に来たら、
警察を呼ぶことで対処することが可能です。

 

 

仮に自己に原因があって、
追い込まれそうになった場合、
弁護士などに相談してみることも、
大切な手段です。
費用は掛かりますが、効果はかなりあります。

 

 

基本的な考えとして、
違約金は払う必要がない物です。

 

 

家庭教師を体験していくうえで、
そんな契約自体が
意味を成さない事がほとんどです。

 

 

支払ってしまえば、お金は帰ってきません。
まず、支払ってしまう前に、
トラブルの内容を警察や
消費者センターに届け出て、
対応策を考えていくことが重要なのです。

 

 

家庭教師でトラブルを起こさない秘訣

 

 

何事でもトラブルなどなく、
嫌な思いをしないで済むのならば、
越したことはないはずです。

 

 

そのため、家庭教師を
仲介業者に依頼する場合、
契約書はしっかりと読む必要があります。

 

契約書はしっかり読んで契約を結ぶ

必ず不明な点が出てくるはずです。

腑に落ちないものなどあったら、
必ず確認をします。

 

 

相手の都合の悪いことも聞いてみて、
口を濁すようであれば危険ですので、
避けることが賢明です。

 

 

途中退会などに関しては、
必ずもめる話になりますので、
相手に説明を求め、
書面とともに確認することも大切です。

 

 

当然契約を結ぶわけですから、
ルールは守らなければいけません。

 

 

それができないようでは、
相手からの訴えに対し、
対抗する手段はなくなります。

 

 

この程度ならバレないであろう、等という行為もNGです!

信頼を失うような事は、決してしないようにしましょう。

 

契約書は家庭教師仲介契約時には必ずかわす

中には口頭契約だけで
済ますところもあります。
簡単ではありますが、
逆に相手は何でも言ってきます。

 

 

言ったではないかという言葉だけでは、
何の根拠もないのですが、
もめた場合には、
その証拠集めに大変苦労することになります。

 

 

こちら側からも聞いていない
ということを言うこともできますが、
泥沼化することも多くなるため、
良い方法とはとても言えないわけです。

 

 

こういった家庭教師業者に限って、
訴えるぞなどという脅し文句とともに、
違約金の話などを出してくるわけです。

 

 

契約書の存在は、
家庭教師仲介契約では必須のものです。

 

 

悪質な家庭教師業者とは、
契約を結ばないことも大切ですし、
何かあった時には、
もめるものだと考えなければいけません。

 

 

弁護士としても、
契約書の存在が最初からない案件は、
敬遠されがちです。

 

 

必ず必要になるものだと考え、
契約を結ばなければいけないのです。

 

 

>>家庭教師のトライ料金表トップページに戻る

スポンサードリンク