先生の細部まできちんとチェックをしよう

おすすめの家庭教師業者をお探しの方へ

スポンサードリンク

家庭教師3ヶ月後にチェックすべきポイント

家庭教師が始まって3ヶ月!
本当にこの先生で大丈夫?

 

 

ここまでのページを見ていただければ、
家庭教師体験時の
基本的な先生のチェックポイント
は理解できたと思います。

 

 

ただ、時間が経つと
先生も指導に慣れてきます。
すると、新たな問題もたくさん出てきます。

 

ここでは、家庭教師による指導が始まってから3ヵ月後に、

改めてチェックすべき、先生のポイントについて紹介します。

 

熱意は続いているのか

初めて家庭教師をする先生は

熱意にあふれています。
何としても、この子供の成績を上げたい!
そういった強い気持ちで
指導に望んできます。

 

しかし、だんだん慣れてきて、
3ヵ月後くらいには、
気持ちが大分冷めてくるわけです。

 

そこで、この時期にもう一度、
熱意が続いているかを再確認することが大切です。

 

家庭教師体験時には気付かなかった
新しい先生の側面が見えてくるかもしれません。

 

時給交渉が始まっていないか

成績がどんどん上がってくると、

つい時給交渉をしてしまう先生がいます。
これは一長一短です。

 

 

確かすぐお金の話を出す先生は
あまり好きではないのですが、

 

たかが時給を100円上げるだけで、
成績が上がるのであれば、
これは非常に安い投資です。

 

なので、3ヶ月経って、
この先生なら任せられそうと感じたならば、
むしろ、こちらから時給交渉するのがお勧めです。

 

先生から時給の話をしてきて、
結果として関係が崩れるくらいなら、
先にこちらからしようということです。

 

完璧主義者になっていないか

完璧主義者は、

自分の思い通りにならないと
イライラします。

 

イライラした状態で、子供の成績が
伸びることは絶対にありません。

 

家庭教師体験時には、
イライラしていても
上手く隠していると思うので、

 

3ヶ月経った時期に
再びこういった視点で先生をチェックしましょう。

 

「どうしてわからないの」という言葉を使っていないか

 

自分の指導で子供が理解できないと、
つい「なんでこんな問題がわからないんだ!
という言葉を使ってしまいがちです。

 

 

こういった言葉を使う先生の下では、
絶対に成績は上がりません。
先生の言葉遣いなどを、
もう一度チェックしてみてください。

 

理想的な家庭教師の条件

 

1度や2度、家庭教師体験をしたくらいで、
真の理想的な家庭教師
出会うことはないと思います。

 

 

しかし、自分の中で
家庭教師の理想像を考えておくだけで、
家庭教師が来たときの
判断基準が明確になります。

 

 

次に、私が思う理想的な
家庭教師像について紹介します。

 

一般的には子供との相性が抜群

理想的な家庭教師

と世間で言われているのは、
子供との相性が良くて、性格が合う人です。

 

 

確かに、子供との相性は
最も大切な条件です。
ただ、私はあえて数点、
理想像の条件を加えたいと思います。

 

 

学校や家庭内で苦労した経験があるかどうか。

人間は苦労したり、
失敗したときに成長します。
そういった経験を持っているだけで、
言葉に重みが出てきます。

 

その結果、
指導が子供に伝わりやすくなるのです。

 

 

励ましの言葉を使える家庭教師であるかどうか。

いくら良い指導を受けたとしても、
必ず躓くことはあります。
そんなとき、子供を励ましてくれる先生は、
理想的な家庭教師といえると思います。

 

 

もし、家庭教師の理想像を
考えていなかったのであれば、
上記の2点も参考にしてみてください。

 

家庭教師の条件・追加編その2

上記の2つほど重要ではありませんが、
次に私が考える、
家庭教師の理想像をあげておきます。

 

 

褒め上手な家庭教師かどうか

やはり、子供は褒められるとうれしくなります。
そして、成績にも反映されてきます。

 

 

当たり前に子供を褒めることができる先生は、
理想的な家庭教師といえるのではないでしょうか。

 

 

子供の気持ちを傷つけない叱り方ができるかどうか

これも理想的な家庭教師に
必要な条件だと言えます。

 

さすがに、褒めるだけでは
子供を伸ばすのは困難です。
ただ頭ごなしに叱っても、
子供は成長しません。

 

 

子供のプライドを傷つけずに、
上手に叱ることができる
これも理想的な家庭教師像
といえるのではないでしょうか。

 

 

とにかく家庭教師体験を繰り返そう

 

すぐに上記のような家庭教師を
見つけることは難しいでしょう。
ある程度は、妥協する部分も必要だと思います。

 

 

ただ、もしこういった家庭教師を
探すのであれば、
何度も家庭教師体験
繰り返すことが大切です。

 

 

これこそが、最も効果的で、
最も早い方法だと言えるのではないでしょうか。

 

 

次のページでは、現在有効な
4つの家庭教師の探し方についてまとめます。
あなたもこの方法で探してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>家庭教師の探し方に進む

 

>>家庭教師体験トップページに戻る

スポンサードリンク

指導が始まってからチェックすべきポイント関連ページ

家庭教師の先生が来たときにチェックすべきポイント
家庭教師の先生が来たとき、どんなポイントをチェックしていますか?子供は家庭教師の先生の雰囲気だけで良し悪しを判断してしまうことがあります。親であるあなたが最低限チェックすべきなのです。
困ったときはこの質問!先生への質問例
家庭教師の先生に聞くべき質問例について解説しました。先生とのコミュニケーションの仲で会話は大切です。しかし、何を聞いたらいいのかわからないお母さんが多いです。そんなときに使ってみてください!