家庭教師はこうして探してみよう!

おすすめの家庭教師業者をお探しの方へ

スポンサードリンク

家庭教師業者に依頼すべきか、自分で探すべきか

面倒な方法で
家庭教師を探していませんか?

 

家庭教師を探したいけど、
どこで探せばいいのかわからない。

 

 

こういった悩みを持っているお母さんが
非常に多いです。

 

 

そして私もいろいろ調べたり、
実際に家庭教師体験をしながら、
様々な方法を実践してみました。

 

 

その結果、一番効率的に
良い先生を見つける方法が分かったのです。

 

ここでは、良い家庭教師を見つける方法についてお話しします。

ポイントを押さえるだけなので、簡単です!

 

家庭教師を探す方法は大きく分けて3つ

大学で家庭教師を紹介してもらう

実はこの方法、
意外と知らないお母さんが多いです。

 

 

やり方は、非常に簡単で、
自宅から最も近い
大学の教務課に足を運び、

 

事務員さんに相談すると
家庭教師を紹介してくれます。

 

 

紹介料を取られることもありませんし、
いきなり直接契約するので、値段も交渉次第で安くなります。

 

 

ポイントは、どこの大学にお願いするかです。
学力レベルが低いところにお願いすれば、
適当な家庭教師が来る可能性が高くなります。

 

できるだけ、ハイレベルの大学にお願いしたほうがいいです。

 

大学で紹介してもらうときのデメリット

 

上記の話を読んでいると、

メリットばかりと思いがちですが、
実はデメリットもたくさんあります。

 

 

まず、最初に行う
家庭教師体験からお金がかかることです。
家庭教師業者を通せば、
家庭教師体験は無料になります。

 

 

しかし、直接契約の場合、
最初からお金がかかります。

 

 

次に、手続きが面倒だということです。
わざわざ大学に足を運び、
手続きをしないといけない、
なおかつ100%見つかるとは限りません。

 

 

また、人を雇うわけなので
何か問題が起こったとき、
いろいろと手続きが厄介になります。

 

 

そして、一番のデメリットは、
先生と合わなかったときです。

 

 

合わなかった場合、
新しい先生を見つけないといけません。
この作業が非常に大変です。

 

 

家庭教師業者なら、
電話一本で次の家庭教師を探してくれますが、
この方法だと、
再び大学の教務課に行かないといけません!

 

 

さらに、どういった理由で
先生を解雇するのかも頭を悩ませます。
メリットだけでなく、デメリットもあるということを十分理解してから、
行動することをお勧めします。

 

家庭教師業者に依頼する

 

 

家庭教師を探す際、
家庭教師派遣業者も一つの方法です。

 

 

実際、私はさまざまな方法を
実践してみたのですが、結局
家庭教師派遣業者に依頼するのが最適だ
と思いました。

 

 

一番のメリット

家庭教師体験制度がしっかりしている点です。
多くの業者で1ヶ月くらいは

 

 

無料で家庭教師体験が出来ます。
子供と合わない先生だった場合、
無料で次の先生を紹介してもらえます。

 

 

二番のメリット

紹介してもらえるスピードと

選ぶのに迷うほどの、先生の多さです。
大学で紹介できる家庭教師の数は、
多くて100人くらいです。

 

 

家庭教師派遣業者の場合、
大手だと数万人レベルの先生がいます。
桁が明らかに違うので、
派遣するスピードが桁違いです。

 

 

三番のメリット

なんといっても、チューターの存在です。
家庭教師のデメリットは、
先生が来ない日に勉強が進まないことです。

 

 

ただ、家庭教師派遣業者の場合、
先生が来ない日は、
電話1本で専用のチューターが質問に答えてくれます。
これは大きなメリットです。

 

 

最後に、先生との関係がこじれた場合、
すぐに次の先生を派遣してもらえることです。

 

 

個人契約の場合、
先生との関係が崩れたときの対処が
かなり面倒です。

 

 

次の先生を探すのは大変だし、
契約をどうするかももめます。

 

 

家庭教師業者を通していれば、
こんなとき全て業者がやってくれるので、
非常に楽です。

 

 

そして、次の週には
新しい先生を紹介してくれます。

 

家庭教師派遣業者のデメリット

 

まず一つ目のデメリットが、

家庭教師派遣業者に払うお金
発生することです。

 

 

業者によって、教材費という形で払う形式と、
最初に登録料として払う形式があります。

 

 

業者によって値段はマチマチですが、
やはり個人契約に比べると、多少お金がかかってしまう
のは事実です。

 

 

とはいえ、一見デメリットが多そうな家庭教師業者ですが、
意外とメリットのほうが多いというのが現実です!

 

知人に紹介してもらう

 

家庭教師を探す際、
一般的な方法は、

 

  1. 家庭教師業者に登録
  2. 家庭教師体験を行う
  3. 子供に合えば採用する

 

というパターンです。

 

 

ただ、実はこの画期的な方法は、
最近できた方法なのです。
昔は家庭教師派遣業者など存在しなかったので、
多くは知人に,、大学生を紹介してもらっていました。

 

ですが、現代ではあまりお勧めしていません。

 

知人に紹介してもらう最大のデメリット

 

家庭教師を探す際、
知人に紹介してもらうというのが
昔ながらの方法です。
しかし、あまりお勧めできません!

 

 

なぜなら、知人の友達=よい先生ではないからです。
知り合いの知り合いと聞くと、
なんだか信用できそうな気がします。

 

 

しかしこれは大きな間違いです!

 

 

確かに人間としては
信用できるかもしれませんが、
家庭教師として
成績が上がるという信用は全くありません。

 

 

むしろ、紹介された人が

 

 

家庭教師の仕事は初めてなんです。


という状況だった場合、
成績が上がらない可能性のほうが高いと思います!

 

 

まだある、家庭教師を知人に紹介してもらうデメリット

 

他にもデメリットはたくさんあります。
まず、月謝の決め方です。
お互いに相談で決めるという方法になるため、
必ずどちらかは我慢しないといけなくなります。

 

 

上手く安い月謝で契約できた場合、
先生のやる気がなくなってしまう可能性もあります。
つまり、いいことが一つもないのです!

 

 

次に、先生と子供が合わなかった場合です。
知人の紹介という建前上、
すぐに解雇しにくいものです。

 

解雇するときの理由も、
本音を言いにくくなります。
このように、メリットは一つもないと言えます。

 

例外:たまたま先生を目指している家庭教師の場合

 

あえて契約しても良いと

考えられるパターンがあります。
それは、知人の大学生が
先生を目指している場合です。

 

 

「先生になるために、教える練習をさせて欲しい」

 

 

こういった理由で、
相手から家庭教師をやりたいと言った場合、
月謝が安くても一生懸命やってくれると思います。

 

 

本当に偶然が重ならない限り
このようなパターンにはなりませんが、
もしこのパターンだったら、
契約してみてもいいと思います。

 

 

>>家庭教師でトラブルにあってしまったら?に進む

 

>>家庭教師体験トップページに戻る

スポンサードリンク